トップページ > 会告  

会告

《協賛講演会》 =第157回ラドテック研究会講演会=

主 催 :
一般社団法人ラドテック研究会
期 日 :
2018年6月5日(火)13:00~16:50
場 所 :
大阪産業技術研究所森ノ宮センター/大会議室
<講師と演題>
(1) 13:00~13:50
「超分子ネットワークからのその場架橋により形成するエラストマー」 東亞合成株式会社 佐々木 裕 氏
(2) 13:50~14:40
「蛍光を用いた UV 硬化樹脂の硬化判定技術」 株式会社アクロエッジ 中宗 憲一 氏
14:40 ~ 15:00 ♪♪♪♪♪ コーヒーブレイク ♪♪♪♪♪
(3)15:00~15:50
「次世代機能性材料(UV硬化性樹脂、EUVレジスト材料、熱硬化性樹脂、屈折率変換材料、高屈折率材料、低屈折率材料)の開発を志向した新規高分子材料の合成戦略」 関西大学 工藤 宏人 氏
(4) 16:00~16:50
「リキッドマーブルが実現する光刺激による物質運搬制御システム」 大阪工業大学 藤井 秀司 氏

[1.参 加 費]
個人会員(本人) : 無料
法人会員 : (2名まで)無料  3名から1名10,000円
非会員 : 1名20,000円
協賛団体所属の方 : 10,000円
注 ・上記参加費には、講演要旨集1冊を含みます。

[2.申込締切日]
2018年5月18日(金)

[3.問合せ先]
一般社団法人ラドテック研究会事務局
〒102-0082 千代田区一番町23-2 番町ロイヤルコート207
TEL:03-6261-2750 FAX:03-6261-2751
E-mail:staff@radtechjapan.org

会告

《第227回講演会》

日 時 :
2018年6月7日(木)13:00~17:00
会 場 :
森戸記念館(東京理科大学)
テーマ :
『光重合性化合物と機能性材料への応用』

[趣旨]
光重合性材料は幅広い分野で使われているが、高機能化を進める上で新規な光重合性材料登場への期待は大きい。本講演会では光酸発生剤、光塩基発生剤といった光開始系と光硬化を利用した高屈折率材料について概説していただく。

[参加費]
会 員 : 1社2名まで無料(要、会員証呈示)
非会員 : 3,000円(当日受付にて)  学生 : 2,000円

[参加申込]
当ホームページのメールフォーム、またはFAXにて事務局(043-290-3460)まで。

 
【プログラム】
1) 13:00~13:50 「ターアリーレン系フォトクロミック分子の高感度化と酸発生剤への展開」
奈良先端科学技術大学院大学 河合 壯 氏
優れた特性を有するフォトクロミック分子のジアリールエテンを骨格変換によりπ共役系を拡張したターアリーレンは、分子構造の最適化によりほぼ100%の光反応量子収率を示すなど、多くの興味深い高性能化が可能となる。本講演では高感度光酸発生剤や放射線検出機能などについて最近の研究成果を交えて紹介する。
<キーワード>フォトクロミズム、光酸発生剤、自己完結型、反応量子収率、ターアリーレン
2) 14:00~14:50 「光架橋による有機無機ハイブリッドの創成と高屈折率材料への応用」
京都工芸繊維大学 松川 公洋 氏
高屈折率無機ナノ物質を含んだ有機無機ハイブリッド材料は、ディスプレイ等に不可欠な光学薄膜に有効である。本講演では、シルセスキオキサンや無機酸化物ナノ粒子を含有する有機無機ハイブリッド材料を光架橋で作製し、屈折率を制御した透明薄膜への応用について紹介する。
<キーワード>有機無機ハイブリッド、薄膜、高屈折率、シルセスキオキサン、ナノ粒子分散
14:50~15:05 休 憩(15分)
3) 15:05~15:55 「ジアリルフルオレン/ポリシランブレンドによる高屈折率光硬化膜の調製とその屈折率制御」
大阪府立大学 岡村 晴之 氏
ジアリルフルオレンやポリシランの高屈折率性を利用した光硬化膜の調製と、ポリシランの光分解性を利用した光硬化膜の屈折率制御について、光開始剤の選択や照射波長の観点から概説する。
<キーワード>光硬化、光分解、フルオレン、ポリシラン、屈折率
4) 16:05~16:55 「光塩基発生剤を用いたUVアニオン硬化と応用事例」
富士フイルム和光純薬(株) 酒井 信彦 氏
工業的に生産され徐々に普及が進み始めている光塩基発生剤(PBG:Photo base generator)は、ラジカルや強酸を活性種とする既存のUV硬化系には見られない様々な特長を有している。本講演ではPBGの選定法および硬化できる樹脂の種類を幾つかの事例を交えて紹介する。
<キーワード>光塩基発生剤、UVアニオン硬化、強塩基、アルキルビグアニド、縮合反応、求核付加反応
会告

《協賛行事》 18-2ポリマーフロンティア21

=光を操る、光で操る高分子 〜フォトニクスポリマー最前線〜

主 催 :
公益社団法人高分子学会 行事委員会
日 時 :
2018年6月15日(金)10:10~17:20
会 場 :
東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール (東京都目黒区大岡山2-12-1)
【プログラム】
10:10~11:00 1.共役ポリマーマイクロ光共振器の開発
筑波大学 山本 洋平 氏
11:00~11:50 2.屈折率を制御した有機無機ハイブリッド材料の創成
京都工芸繊維大学 松川 公洋 氏
-名刺交換会、参加者・講師のふれあいの場- (11:50~12:10)
13:10~14:00 3.光硬化性樹脂を用いる 3Dプリンティング、その現状と将来動向
横浜国立大学 萩原 恒夫 氏
14:00~14:50 4.機能性フィルムのひずみ光解析と動的光重合による新しい分子配向法の開発
東京工業大学 宍戸 厚 氏
-名刺交換会、参加者・講師のふれあいの場- (14:50~15:10)
15:10~16:00 5.リソグラフィ材料の開発動向
JSR株式会社 犬飼 晃司 氏
16:00~17:00 6.光で高分子の界面とメゾスコピック構造を操る
名古屋大学 関 隆広 氏
-名刺交換会、参加者・講師のふれあいの場- (17:00~17:20)

*詳細は、高分子学会 行事委員会まで。
TEL:03-5540-3771 FAX:03-5540-3737
URL http://www.spsj.or.jp

フォトポリマー懇話会の活動写真